消費者金融をよりお得に利用するために無利息期間&キャンペーン情報に注目

通常の利息設定は同じであっても、無利息期間のあるものとないものでは、総金利・総支払額に大きな違いが生じることもあります。例えばプロミスやアコムなどは初めての方を対象に30日間無利息サービスを実施いていますし、ノーローンは初回だけでなく完済すれば翌月また7日間無利息になる「なんどでも1週間無利息」を実施しています。
ちなみに、アコムは期間限定でこれまで何度か初めての方向けに最大30日間金利ゼロ円キャンペーンを実施していましたが、2014年10月からは期間限定ではなく初めての方を対象にした30日間無利息サービスを始めました。
サービスの一環として独自の無利息サービスを設けている消費者金融・金融商品もありますし、2014年9月までのアコムのように期間限定キャンペーンで無利息サービスを実施する場合もあります。ですから、金利が同じならどの金融商品を利用しても同じと考えず特長&利点、無利息期間があるのか?お得なキャンペーンは実施していないか?なども合わせて確認したうえで、ニーズにあった金融商品を上手に選んでいきましょう。
余談ですが、数年前まで「無利息期間のあるカードローンの通常の金利設定は高い」といわれていました。しかし、現在は特に金利が高い、ということはありません。ですから、「お給料が出るまで数日間だけ借りたい」といった短期の借入れの場合だけではく、返済が長期化しそうな場合にも無利息期間のあるカードローンはオススメです。
消費者金融で今日中に借りる

関連記事

総量規制対象外ローンのメリット

即日審査キャッシング
キャッシングは総量規制の対象になる消費者金融やクレジット会社のキャッシング、総量規制外の銀行カードローンがありますが、キャッシングは総量規制で大きな違いが有ることを知っておく必要があります。
総量規制とは貸金業法の大幅な改正によって、消費者金融がお金を貸すときの融資限度額は申込者の年収の3分の1以内と決められた法律をいいます。
そのため、消費者金融やクレジット会社の審査では、借入希望額が50万円をこえる場合や、他社で借入が有る場合その借入残高と借入希望額の合計が100万円をこえる場合は収入証明書類(給与明細書や納税証明書、源泉徴収票など)の提出を求めて年収を確認することが決められています。
一方銀行カードローンはこの総量規制対象外ローンになります。
銀行は銀行法に基づいて事業をおこなっているので貸金業法の影響は受けません。
ですから、銀行カードローンはそれぞれの銀行が独自の基準を決めているので、借入希望額が年収の3分の1をこえても、決められた限度額以内であれば収入証明書で年収を確認することはありません。
銀行カードローンのように総量規制対象外ローンのメリットとして、年収に関係なく融資ができるので年収の3分の1をこえた借入希望額でも審査に通れば融資が受けられます。
また銀行カードローンのなかには消費者金融でキャッシングができない無収入の専業主婦を対象にした商品があり、専業主婦でも安心してキャッシングが始められるというメリットが有ります。

関連記事

銀行カードローンとは

日常生活で、一時的にお金を借りたいときがあると思いますが、そんなときに利用できるのが消費者金融のキャッシングや銀行カードローンでお金を借りる方法があります。

銀行カードローンとは、銀行の金融商品のひとつで一般ローンとちがって無担保でお金を借りることができ、一般ローンとちがって融資限度額が決まればその範囲内で何度でもお金が借りられるという商品で、最近ではほとんどの銀行がこのサービスに力を入れています。

消費者金融のキャッシングは貸金業法の総量規制で融資限度額に制限があり、融資限度額は年収の3分の1以内と制限を受けるため、収入がなければ利用できませんが、銀行カードローンは銀行法の適用をうけるため総量規制の影響は受けません。

そのため銀行は独自の基準を設けて審査をおこなっているので、融資限度額は銀行の審査に通れば年収に関係なく高額融資が受けられることや、無収入の専業主婦でも審査にとおれば利用が可能になっていることから主婦にも人気があります。

申込方法はいろいろありますが、最近はインターネットを利用した申込む方法が主流になっていて、インターネットを使った申込方法は24時間どこからでも申込ができる便利な方法で、融資までの流れは、申込→仮審査→本審査→契約→融資といった流れで、契約が終われば指定する銀行口座にお金が振り込まれるので、キャッシュカードを使ってお金が引き出せます。

申込者がすることは申込書の記入と本人確認書類の提出だけで簡単に融資が受けられるようになります。

関連記事